ABOUT SESSION

TOP   お知らせ   東京でのセッション   山形でのセッション   ワークショップ・講座   スクール   過去のイベント   お仕事のご依頼   問い合せ

星読みの個人セッションの内容についてのご案内です



■■星読み■■

初めて個人セッションを受ける方

星読みは、ホロスコープ(出生図)を作成し、
そこから人の資質や傾向、可能性あるいは人生のリズムなどを読み取る技術体系です。

そのホロスコープは、生まれた瞬間の天体の配置を
10の惑星と12の星座の位置関係で記録したものです。
つまり出生時の時間と空間の記録といえます。

この記録に、その人が人生という表舞台で生きる時の土台がある
という考え方に基づいています。
通常の星占いは10の惑星のうち太陽という1つの天体だけを使い、
この作業を極端に簡素化したものです。

個人セッションでは、そのホロスコープから、様々なものを読み取り
現在かかえている問題や今後の方向性などを
ともに考え、探り、決めていくことや
問題点とどう向き合っていくかを助言させていただいています。

■個人セッションのスケジュールは、東京でのセッション, 山形でのセッション へ■


 

■■ソーラーリターン(太陽回帰)■■

2回目以降の方

地球はその太陽の周り365日で公転していながら季節を作っています。
その太陽が、天空上の生まれた場所に戻ることは、毎年、小さな誕生を繰り返していると言えます。

ソーラーリターン(太陽回帰)では、
生まれた日時の場所に太陽が戻る瞬間の天体の配置からその年の傾向を読み取り、
1年間どんなテーマを持ち、どんなことに取り組み、あるいは手放し、癒していくのかを 意識的に選択していくメソッドです。

「意識すること」は、人間に与えられた最大の個性であり、他者や社会、地球、
そして自分自身に対する新しい次元での見方や物差しを与えてくれます。
1年のスタートのタイミングに、その年の流れを確認し、方針を決めることで
その年にアチューメントしていくのが、ソーラーリターンのセッションです。

■個人セッションのスケジュールは、東京でのセッション, 山形でのセッション へ■


 

■■Q&A■■

Q1 どんなことを相談する人が多いですか?

いろいろありますが、比較的多い相談内容は
・自分自身の活かし方
・人間関係や仕事の適正
・パートナーとの関係や結婚について
・未来に向けてどんな可能性があるのか
・人生のどの側面に意識をフォーカスしていけばいいのか
・苦難に追い込まれる時や八方塞がりの状態をどう抜けるか
・自信を失いどうしていいかわからない
などなど様々です。特に相談内容は限定していませんのでお気軽に聞いてみてください。

Q2 出生時間がわからないのですが

なるべく時間を絞りこんでください。例えば、朝方頃とか、昼頃から夕方までとか。
母子手帳がない場合は、両親や兄弟の記憶を頼りにすることになりますが、
最初は全く忘れていても、何度も聞いているうちに、いろいろと思い出すことも多いようです。
「そういえば、陣痛が始まった時に昼のサイレンが鳴っていた」
「お父さんが会社からかけつけてきた」というように時間を特定できそうな状況を思い出すことも 多くあります。
ある程度絞り込んでいただければ、セッションでお会いした印象といくつかのことを質問させていただきながら
時間を絞っていき、ホロスコープを作成していきます。

Q3 一度セッションを受けたら終わりですか?

継続してセッションを受ける方も多くいらっしゃいます。
セッションでは、たいてい今後、取り組んでいく課題や方向性が出ることがあります。
課題に対する取り組みを振り替えりながら、シェア、確認して、
再度課題を調整していくような時間として活用していただいています。
その場合は、一年に2回から3回程度をお勧めしています。
また、1年1回、誕生日前にセッションをお受けになることもお勧めしています。
「ソーラーリターン」といってその年の星まわりを見ることができます。
もちろん、一度だけでの方もたくさんいらっしゃいます。自由に使っていただて結構です。

Q4 メールや電話でのセッションは行っていますか?

申し訳けありませんが、行っておりません。

Q5 セッションは鑑定とは違うのですか?

通常の占いは鑑定とよばれますが、その場合はホロスコープに出ている情報を伝えることに主眼をおいています。
ここでは、セッションを受けられる方の状況や心境をお話ししていていただき、
よりその方にあった解釈をお伝えしています。
どちらかというとセラピーやカウンセリングに近い形をとっています。